BLOG

  • 日曜日
    たまには息抜きという事で作業場で呆けていました
    壁にお湯の暖房の配管が通っているので暖かいのです

    ボケッと椅子に座っているのもなんなので
    楽器の材料の端材で木の匙を作ってみました


    木の匙  


    、、、なんかかっこいい響きですね
    まるで芸術的な映像作品の題みたい
    今度何かに使ってみよう



    2013-02-24T23-34-03_1.jpg

    特殊なテールピースではありません
    スプーンです

    2013-02-24T23-34-03_0.jpg


    材料は
    左が楓 右がポプラです

    普通では手に入らない楽器用の材料だから他では見られない美しい杢と存在感!
    オイル仕上げで体にも安心!!
    マメなお手入れによって きっとあなたのお気に入りの1本になるはずです!!!

    広告にはこの様なフレーズでいいかな?
    (冗談です)

    2013-02-24T23-34-03_2.jpg


    息抜きに 

    って しっかり作業してしまいました







  • 僕の住んでいる町クレモナのアンティーク市に行ってきました

    月に一回開催しています

    今回は意外と人がいてびっくり

    2013-02-21T12-45-11_0.jpg

    雑多な物もから高そうな家具まで有ります

    2013-02-21T12-45-12_1.jpg

    作るのが大変そうな家具
    材料はポプラかな?
    こんなの作るときは残業確定ですね

    2013-02-21T12-45-12_11.jpg

    鍋の祭典

    2013-02-21T12-45-12_3.jpg

    こちらにも
    僕は古釘を探していたのだが 
    大きい物しかなく 目当ての小さい物は見つかりませんでした

    2013-02-21T12-45-12_5.jpg


    物色を続けます

    2013-02-21T12-45-12_7.jpg


    ついコンパスとか買いそうになります

    2013-02-21T12-45-12_13.jpg

    よく分からん方式のタイプライターのような物

    2013-02-21T12-45-12_17.jpg

    カウベルです (たぶん) ちょっと欲しくなる

    2013-02-21T12-45-12_18.jpg

    2013-02-21T12-45-12_19.jpg

    2013-02-21T12-45-12_21.jpg


    なかなか面白いです
    何かコレクションを始めたくなりました






  • 新しいバイオリン製作がはじまりました

    今回 注文の楽器は楓で、自分の作品はポプラで製作します

    DSC_0937.jpg

    毎度おなじみの横板の製材
    右がポプラ 左が楓


    DSC_0947.jpg

    横板を接着したところ

    上が楓です
    良い材が手に入り しかも横板は裏板と同じ材から取れました
    満点です

    下はポプラ
    雰囲気がかなり違いますね
    ポプラは材が柔らかく見えますが実は繊維が密で強靭です
    製材には苦労しました
    この独特のたくましさが僕は大好きです

    2013-02-19T18-46-25_0.jpg





  • bam のビオラケースを購入しました。

    なので詳細をアップ

    2013-02-21T12-45-12_4.jpg

    樹脂製で譜面ポケットつきです
    開けてみると

    2013-02-21T12-45-12_8.jpg


    新車の香りがしました
    空間がしっかり確保されていて
    そう簡単にはつぶれないぞ という意気込みを感じます
    閉じてみる

    2013-02-21T12-45-12_10.jpg


    裏は?

    2013-02-21T12-45-12_12.jpg

    2013-02-21T12-45-12_14.jpg

    滑り止め付です
    楽器を置いてみました

    2013-02-21T12-45-12_6.jpg

    良いです
    画像では見えませんがネック付け根の下辺りに肩当を固定する為のストラップがあります

    ただ一点
    中の楽器の肩の部分が当たるクッションがマジックテープで固定されていて 楽器のサイズが変わってもそれを動かして調節できるのですが
    頻繁に取り外しを繰り返すと外れやすくなってしまわないのか?
    という点が気になりました
    まあbamの事ですからきっとそういう事も計算ずくで設計されているはずです
    1回位置を決めたらそうそう動かす物でもないですしね

    また開いてみる

    2013-02-21T12-45-12_16.jpg

    新車の香りです
    楽器屋さんは 表面を車のワックスで磨いていました
    つやつやです

    付属品の肩にかけるためのストラップの画像を忘れてしまいましたが ストラップもかっこよかったです




  • 今度はガレットを作りました
    若干悪のりで。
    フランスのブレターニャの料理らしいです。
    前にジュリアンのとこに遊びに行った時には何も知らなかったな

    この記事を読んでガレットという物を間違えて覚えるといけないので
    最初にたぶん正しいガレット画像を1枚

    2013-01-30T14-12-51_2.jpg

    すごいかっこよく出来たガレット (最初に焼いた物)
    Ristrante pici です
    但し そば は不味い


    レシピ

    生地 4枚分
    そば粉  カップ1/2
    小麦粉  大4
    コーンスターチ(有れば) 大2
    塩 少々
    水 カップ1
    粉類に水を入れて混ぜるだけ



    2013-01-30T13-46-36_13.jpg

    クレープのように生地を焼きます
    クレープを焼けない人は 作るのはやめときましょう

    2013-01-30T13-46-36_5.jpg

    でもなぜか ご飯を入れる
    具材はまねしないでください

    2013-01-30T13-46-36_7.jpg

    そして なぜか un pò di peperoncino!!!

    ホントは 炒めた野菜とかきのことか
    ハム とか チーズとか、、
    普通に作ったら おいしそうですねえ

    2013-01-30T13-46-36_8.jpg

    ようやく たまご登場!!

    ガレットといったら たまごです! 
    知らんけど
    僕は広島風のつもりです


    2013-01-30T13-46-36_9.jpg

    生ハムもあったので 入れてみた

    2013-01-30T13-46-36_10.jpg

    で 焼ける前にお皿にとってしまいました

    ここから 悪のり 開始です

    2013-01-30T13-46-36_13.jpg

    また 生地を焼き始めました



    2013-01-30T13-46-36_14.jpg

    とり置いていた ガレットを ひっくり返してのせました

    2013-01-30T13-46-36_15.jpg


    下の生地もきれいに折って
    良く焼いて


    2013-01-30T13-46-36_6.jpg

    広島風ガレット 完成

    マヨネーズとソースで食べます
    なんなら おかか も