バイオリン 2013 バスバー~箱

 

ちょっと机の上がきたないけど、、

 

バスバーの準備中

 

 DSC_0999 1.jpg

 

その後 形を削りだしていきます

最初の1挺を作ったときから特にこだわっている作業でもあります

板の厚みから強度も忘れずに

良く鳴る ことは当然として 更に人に感動を与えるような美しい音色を目指します

 

 

DSC_1000.jpg

 

 

仕上がった後

 

DSC_1001.jpg

 

その後 先に準備した 裏板 横板 に張りつける作業をします

ブロックを整形して 掃除をして 焼印 ラベルを貼って

表板も輪郭部の無駄な肉を横板と良く合わせてからそぎ落として張りつけます

 

DSC_1003.jpg

 

ここまでくると その楽器が持つ雰囲気を感じれるようになりますね

これから箱の仮仕上げです

盛り上がってきたのに明日からしばらく作業できないなあ。。

 

DSC_1005.jpg

 

2挺並べて記念撮影!

背景汚いのはご容赦ください

 

 

バイオリン 2013 ポプラ

詳しい作業は 楽器製作 カテゴリにて書いてしまいましたが

折角 新カテゴリを作ったので こっちにも投稿!

 

DSC_1004.jpg

 

ポプラの箱

このまま終わりにしようと思ったけどあまりに寂しいのであわてて画像追加

 

DSC_1006.jpg

 

手に持ってみないと伝わりにくいが

楓材とは大分違う雰囲気

 

DSC_1007.jpg

 

 

 

 

バイオリン2013 ポプラ

ポプラのバイオリンもいい感じで制作が進んでいます

 

DSC_0984.jpg

 

横板をはりつけました

 

DSC_0985.jpg

 

DSC_0996.jpg

 

こちらはボディもFも少し大きいサイズです

長めに作ったコーナーをどう生かそうか、、、楽しみです

 

デザインで上下バウツから輪郭のRを更にゆるく取りコーナーに向かって広げ

Cのコーナー部の輪郭を更に深く大きく取った形を確認してみたいとは今思いました

 

バイオリン2013 裏のえぐり~F

バイオリン

いい感じで製作が進んでいます。

 

DSC_0973.jpg

 

表、裏の隆起が終り

 

DSC_0974.jpg

 

美しい杢ですね

 

DSC_0979.jpg

 

裏をえぐっていきます

もっと画像を撮影すればよかった

今回は久しぶりに槍カンナも出したのに

DSC_0986.jpg

 

横板を張り付けました

 

4458.jpg

 

Fを切ります

 

2013-03-13T21-27-27_0.jpg

 

ナイフで切り抜いたところ

 

DSC_0998.jpg

 

バイオリン 2013 ポプラ 予約受付中

新たに 作品制作 カテゴリを追加し
注文製作以外の楽器を紹介していこうと思います

これらの楽器は機会があればコンクールに出品してみたり、どこかの場所やサイトに展示したり、販売したりします
このカテゴリで紹介する楽器は制作中から購入希望も受け付けていますので興味を持たれた方はご連絡ください

先日 楽器制作 カテゴリでも紹介していた裏板にポプラの1枚板を使ったバイオリンです
表板の隆起が出来上がりました
ちょっと分かりづらい画像ですね

DSC_0972.jpg 
 

続いて 裏板の隆起に取り掛かります

DSC_0975.jpg

まったく ノミがすぐ駄目になってしまいます
たしか木の成分にそんな物が混じっていると聞いたような聞かなかったような、、、
材の中に石か砂粒の様なものを見たことがあるようなないような、、

でも確かに荒削りをしていたら火花が出た事があります
あれはおどろいた

DSC_0976.jpg

削れてきました

ここしばらくこの作業を続けていたので机の上が こな です

DSC_0977.jpg

独特な杢
あえてこの杢が全体にあるものでなく部分的なものを使用しました

DSC_0978.jpg

研いだ刃物が再び切れなくなった頃に隆起が完成しました
一度水を引いたところ